女の人がひげを隠す時には、ファンデーションで隠しきれない場合があるがその時に役立つのがコンシーラーです。シミ等を隠すのと同じようにファンデーションの後に、使用するのが基本的な使い方です。

すでに実践をしている人は沢山いるはずであるので、王道のテクニックになります。意外な対処法としては、肌を小麦色に染めてくれるタンニングローションを使う方法です。

元々は日焼けをしないで小麦色の肌を手に入れるためのアイテムであるが、肌を染めてくれるのでひげを肌と同化させる事にも使えるようになります。コンシーラーで上手く隠せなかった人は試してみる、価値はあります。

もしも上手く出来なくても、数日で肌が元に戻るので安心です。コントロールカラーは、化粧下地の代わりになるものです。地肌の状態によって適した色をチョイスするのでひげ対策にはオレンジが最適です。

使い方は化粧下地を塗って、ひげの部分に肌の色に馴染ませます。最後にファンデーションを塗ると完成で、コンシーラーで調整するのもありです。コンシーラーよりも自然な仕上がりになり、もしも完璧に隠せなくてもコンシーラーを使えば調整出来るのも魅力です。自分では上手く出来なかったり、気になる人はシェービングサロンでプロに任せる方法もあります。